気になる脱毛の『痛み!』

気になる「脱毛の痛み!」

 

気になる脱毛の痛みについて勉強しましょう!

 

シースリー梅田

 美容クリニックや脱毛サロンで行われる基本的な脱毛法は、肌に与える負担を抑えつつ綺麗な仕上がりになるよう工夫がされています。

しかし、それぞれで使用されている脱毛機器の種類や光レーザーの出力レベルによって痛みを感じることがありますが、とても耐えられない痛みというわけではありません。
痛みは個人差があり、又施術部位によってもその痛みの度合は異なります。
脱毛においてどんな人や部位が傷みに敏感で、又どんな施術方法が痛みを感じにくいのか詳しくみていきましょう。

 

<痛みを感じやすい人とは>
 それでも、全員がもれなく痛いと感じるわけではないものの、普段から肌が弱い人は、痛みを強く感じることもあります。

下記のような人は、痛みを強く感じやすい傾向にあります。
敏感肌の人
色黒の人
あまりに日焼けをしてしまった肌には施術が行えないこともありますが、もともと色黒な肌の人は光をより吸収しやすいため、色白の人よりは強い刺激を感じるようです。

 

<脱毛の痛みとはどんな痛み?>
 脱毛の痛みは、肌の表面に感じる物理的な痛みです。

実際には、「パチッ」とした刺激という意見や「まち針でチクッ」という痛みが多く挙げれられています。

 

<3つの脱毛法による痛みの順位>

脱毛法として、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の3種類に分けられますが、この痛みが弱い順な比較すると次のような順番になります。

痛みの軽い順位=光脱毛 < レーザー脱毛 < ニードル脱毛

 

エステサロンは、主に光脱毛を使用しており、効果が薄い分、痛みも少ない特徴があります。
これに対して、主にレーザーを使用する医療用の脱毛は、効果が持続する分、痛みがあると覚えておきましょう。
痛みをとにかく抑えたい、自分は痛みに弱いという方は、光脱毛がオススメです。
光脱毛は、効果が薄い分、最も痛みが少ない脱毛法です。
光脱毛の中でもIPLやSSCの脱毛法は、とくに痛みの軽減にこだわった脱毛になりますので、覚えておきましょう。
法痛みの少ない脱毛法を採用しているサロンを選定することも大切です。

 

又上記では紹介していませんが、「ハイパースキン脱毛法」を採用しているサロンもおススメです。
ハイパースキン脱毛は、子どもでも可能な脱毛法で、毛根を焼くのではなく、発毛因子に特殊な光を照射し、発毛を抑えるというもの。
ほとんど痛みはなく、体温程度の光を照射するだけで、毛周期もあまり気にせず施術が行えます。
また、美肌効果も期待できる施術です。
そのほか、エステサロンの中には痛みを抑えるローションを塗布するなどの工夫を行っているところもあるので、そうしたサロンを探して、まずはお試し脱毛をしてみるのもおススメです。

 

<脱毛における痛みを感じやすい部位とは>

人によって感じる痛みの度合は人によって異なります。
又毛質によっても、全身の中でも痛みを感じやすい部位と感じにくい部位が存在します。
一般的にはどこが痛くてどこが痛くないのか、脱毛する前に知っておくことも重要です。

ヒザ
ワキ
ヒザ上やヒザ下に比べて関節なので皮膚が薄く、脂肪量も極端に少ないこともあって、痛みを敏感に感じてしまうようです。
そしてヒザに生えている毛はアンダーヘアまではいかなくとも、太くて固い毛なのでで、やはり照射の刺激は直に伝わってきます。

 

<痛みを感じやすい部位の特徴>

・毛が太くて固く、密集している部位
・普段の保湿が不十分で、乾燥している部位
又毛が濃くて太い部位では、メラニンに反応する脱毛の光も強く吸収するため、一般的に刺激を感じやすいものです。

 

<痛みを感じにくい部位とは>

それでは逆に痛みを感じにくい部位は、どこなのでしょうか?
それは、下記の様な部位が挙げられます。
指毛
手足の甲
手足の指毛や手足の甲の産毛に近い毛。
ここは神経も集まっているところなので、一見とても痛そうに見えて、実は全く痛みを感じないという声の方が多い部位です。
ここの毛は顔に生えている産毛に近い、軟毛と呼ばれる部類に入ります。
軟毛は細くて柔らかいため、照射の光が集まりづらいとされていて、ピリッとした強い刺激を感じることはあまりなく、熱さもほんのり温かい程度にしか感じない場合が多いとされています。
脱毛時は、ジェルで部位を覆い照射しますが、脱毛範囲もごく狭く一瞬で終わってしまいます。
しかし、その分、脱毛効果が出にくい部位でもあります。

 

<痛みを感じにくい部位の特徴 >

毛が細くて柔らかい
毛の低密集度
肌色が薄い
痛みを感じにくい部位の特徴には、このような3つの特徴があることを覚えておきましょう!

 

<痛みを軽減するためのポイントとは?>

麻酔の使用
日頃の肌の保湿が傷みの緩和
レーザー脱毛においては笑気麻酔や麻酔クリームの使用が可能。どうしても痛みに耐えられないという場合には、事前に麻酔を使用してから施術を行ってくれます。
普段から肌を十分に保湿しておくことが大切になります。
乾燥すればするほど照射の痛みは増すものなので、脱毛に通う前の下準備として、しっかりと肌の保湿ケアを行っておきましょう!水分をたくさんとり、肌の保水力を上げておと痛みが軽減されます。

 

 

 

 

シースリーは初期費用なしですぐに始められる!

 

脱毛完了までの『永久メンテナンス保証』がついて、今なら全身脱毛が【9か月間 0円!】

 

公式サイトを見る↓

 

http://c-3-esthe.com/

 

 

シースリー梅田トップページへ

 

 

 

レーザー脱毛の痛みについて

シースリー梅田

 みなさまはクリニックやエステサロンで脱毛をされたことがあるでしょうか。

ちなみにわたしは過去にレーザー脱毛を体験してみたことがあります。
実際に脱毛を受けた箇所は、ワキ、太ももやヒザを除いた足のスネ毛です。
クリニックで扱っていたのは、アレキサンドライトレーザーです。
このマシンは、日本人女性の肌にマッチングすることから多くのクリニックで活用されています。
実際にワキ、スネ毛でレーザーを体験してみて刺激が強く感じました。
スネ毛の痛みについては、ワキよりヒートアップして花火を当てられているような衝撃がありました。
ワキの部分もレーザーを当てる箇所によっては、ミシンで縫っているような強い刺激が伴うことがあります。
東京都東 久留米市 26歳 るみ

 

 

シースリー梅田トップページへ